タイヤにこだわって安全カーライフ~車サービス調査隊~

車

安定した走行性能

自動車

スタッドレスタイヤは雪道を走る上で画期的な存在として現在大人気となっています。このタイヤは通常のタイヤに比べると少々高くなってしまいます。しかし、利用することでコーナーも安全に曲がることができます。

詳細へ

安全は自分で掴む

男の人

雪国では、車が雪道で滑って事故が発生する確立が高いですよね。慣れた人であれば危険を考えて無茶しませんが、旅行などで訪れた場合には速度を出し過ぎる人もいます。安全を考えるならやはりスタッドレスタイヤでしょう。

詳細へ

アイスバーンの危険

作業員

雪国では毎年のようにアイスバーンによる事故が発生しています。また、雪国の場合ほとんどが車移動になるので、こうした冬の現象に注意しておく必要があります。やはりスタッドレスタイヤは必要不可欠ですよ。

詳細へ

カーライフを送る

運転

実家が雪国

雪国に住んだ経験のある人は分かると思いますが、雪の怖さって凄いんですよ。普段、雪の降らない地域に住んでいる場合には、タイヤなんてすり減ってなければ大丈夫と思いますよね。それが、雪の上を走るとなりますと、ツルツル滑ってとんでもなく危険なわけです。ですから、雪国では滑らないようにスパイクタイヤやスタッドレスタイヤというのが一般的ですね。他にも、冬用タイヤがない場合にはチェーンを絡めるタイヤリェーンなども存在します。しかし、わざわざ車のタイヤにチェーンを噛ますなんて正直いって面倒ですよね。かと言ってスパイクタイヤの場合は、普通の道ではスパイク部分が邪魔になってしまうわけです。そこで、最近ではスタッドレスタイヤの車の人気が出てきているわけですね。私の場合は、妻の実家が雪国であるため冬になると運転が怖くて仕方が無かったわけです。飛行機から降りれば、雪出いっぱいの道をレンタカーで走る事になるんですよ。除雪はされていると言っても、慣れないレンタカーで雪道を走るとなれば緊張の連続です。更に、スパイクタイヤの場合は走った際に粉塵が舞うというデメリットもあったんですよね。粉塵が舞うことで、雪が黒っぽくなり見た目も悪いためスパイクタイヤは多くの県で規制がされる様になっています。この事により、近年では雪道の走行時にはスタッドレスタイヤが主流になっているわけです。これはレンタカーでも同じであり、近年のレンタカーの多くがスタッドレスタイヤを利用していますね。